2008年は国際カエル年

2008年は通称・国際カエル年(両生類箱舟計画)がスタートしました。
両生類は皮膚から吸収をする特性がある為に環境の破壊の被害や科学的変化をダイレクトに受けるそうです。2004年のアセスメントの発表でも両生類の三分の一近くが絶滅危惧種です。
ツボカビという致死率90%以上という両生類の伝染病が世界中で蔓延しているニュースもみなさんご存知だと思います。
また生態系連鎖が崩れることで環境に及ぼす変化も見逃せません・・・
両生類におこっていることは他の動植物(勿論人間も)にも確実に影響を受けています。
僕はこの話を聞いてとても怖いと感じました!

<2008カエル年 キャンペーンへの参加の呼びかけ>
両生類箱舟プロジェクトは、みなさんに対して「2008カエル年(2008 Year of the Frog)」世界キャンペーンへの参加を呼びかけることにしました。
 このキャンペーンの最大の目標は絶滅が進む背景にある、両生類の絶滅の危機に対する世間の認識や理解を高めていくことです。
2008カエル年・キャンペーンでは、教育活動の実施やメディアへのPRなどに協力してくださる多くの方々や団体の参加を呼びかけています。
IUCN国際カエル年(両生類箱舟計画)より出典

1R-001
フロッグマグネット 2O-164が何ガエルなのか調べてみました~
#1・#2・#5はアカメアマガエルの種類で分布はメキシコ南部から南アメリカ大陸にかけて赤い目が特長で特に#1・#5は美しい木の妖精と呼ばれています。
#3はなかなか特定できませんでしたが、きっとアカメアマガエルの一種ではないかと思います。
#6・#8はヤドクガエルの種類で北アメリカ大陸南部から南アメリカ大陸に分布しています。鮮やかな警戒色とその名のとおり毒をもつ種類もいます。
#4も特定が難しいです・・きっとヤドクガエルの種類だと思います。
#7はマダラクサガエルの種類でアフリカ東部に分布し縦縞が特長です。
このカエルマグネットでカエルのこと環境のことなど考えていただけたらと思います・・・

Comment

Add your comment