本棚より

‘87腕時計
モノ・ビジネス別冊(KKワールドフォトプレス)
udedokei.jpg

編集後記に僕が尊敬するギャトラック(当時)のSさんのことが載っているということで興奮して買った本!
わりと最近買った本だと思いながら、もう一度表紙を見てびっくり~“‘87!!”87・・・87といえば今年が08年だから21年前(ショック
つい最近と思っていた本が~21年も前の本だったなんて、10年ひと昔ならぬ20年ふた昔って! おとぎの世界ですね(泣・・・最近というスパンが20年の僕ってどう?!
雑誌の特集はアメリカングラフィティーを生きた時計たちという記事
時代背景や文化や当時のメーカー広告とともにそのころの時計を立体的に紹介しています。
スタンダードウォッチの系譜という記事
エレガントな時計をとにかく紹介しまくっています。(雑誌でしか一度にお目にかかれない垂涎の逸品ぞろいです)僕は特にパテッィクフィリップの優雅さが好きですねぇ~♪
時計って今では携帯電話についているし(電波式で全くくるわないのもあります)TVをつければでるし家電のどこにも表示されているし安いものは100円均一から売っていますよね・・・でもそれだけではない普遍的な魅力がありますね。
そうそうこの雑誌を買って20年も長きに大切にとっていた最大の理由のことですが・・・
編集後記にこうありました・・・
エディターが友人の方からハワイみやげでもらったウィットナー社の時計を今回の雑誌の取材でロンジン社がアメリカでつくったメーカーで70年のトランジスタ式の珍しいものと判ってますますその時計が好きになったという前ふりのあと、(ここでS氏の登場です)「その時計が何年代の○○式で材質は・・・なんて背景を知らなくても、一目見ただけで好きであればつける、興味がなければ買わない、でいいと思っています」ということばをエディターはS氏から聞いてシンプルで欲得がなく、その愛し方に感動を覚えました。その両方ともいいなぁと編集後記にありました。(Sさんの発言以外はつまんでいます・・・m(_)m)
男の子ってスペックがとっても大好きで背景や物語も大好きで僕もスペック好きですが・・Sさんのおっしゃっるとおりだなぁ~と思います。Sさんお元気かなぁ?
モノっていいですね~人と人の間にそこに気持ちがある!想いがある!っていうことが本当にいいですね♪

僕もSさんの言葉のとおりにパティックフィリップの96タイプに一目見て魅せられているので買いたい、でもあまりにお高くて買えない(笑
1R-001
僕の今月初めの予想どうりにハートものが大人気です(^^)v

Comment

Add your comment