兵庫県立美術館

かつては王子公園前にあった県立近代美術館が・・・
灘のHAT神戸に移ってきて兵庫県立美術館としてオープンして5年ほどになるのだろうか?安藤忠雄さんの設計ということでとても話題になった建物と公園施設です。

近代美術館はJR灘駅から(鄙びた駅舎がいいんです)北へ徒歩10分。文教地区の古い町並みを歩いて向かっているだけでなにかキラキラした向学心や感動が湧き起こる。そんな美術館でした。
対してこの新しい美術館はHAT神戸という防災と未来の街づくりを目指した無機質な街の中に自然やスポーツやリクリエーション施設を調和させた街づくりで道路も歩道もゆったりと作られています。まだ?!なにか作為の中にある違和感があるのは否めないかなぁ~って僕は思いますが、あと何年かたったら面白い街になっていることは間違いありません。(HAT神戸!と書いてある看板を目にした東京の営業所の営業マンはここにもハットトリックのなにか新しい店舗でもあるのか?と勘違いしたそうです。hat違いですね?!(笑))
新しい県立美術館は歴史的作家のイベントや兵庫県・神戸市にゆかりのアーティストの作品収集に力を入れている活気に溢れた美術館です。
DVC00205.jpg


現在は近所の方の犬の散歩コースに釣りのメッカに(僕が行った時も30cm級の魚が釣れていました)サッカー少年バスケット少年の練習場になっています。

安藤さんはこの県立美術館の外壁のあちこちの壁を額縁風に仕立て自然の風景をうまく絵画のように取り込んでいます。にくい演出です!!
DVC00204.jpg

DVC00201.jpg



ここからは北側には六甲山系が、西側には三宮地区のビル群が、南側には運河と倉庫街が違った方向に違った顔をみせてくれます。(僕は運河と倉庫街を眺めるのが好きです)DVC00207.jpg

DVC00208.jpg



1R-001

僕も15年くらい前にこの近くの岩屋というところに住んでいました、この辺りがこんなに変わるなんて本当にびっくりしています。
安藤さん!美容師のやまちゃんがLAに行ってしまってさみしいですね、僕も髪を切ってもらうのを今でも困っています。安藤さんも困ってそうですね・・・


Comment

Name - 1R-001  

Title - 

目立ってますよね!確かに・・・

2007.11.19 Mon 17:23
Edit | Reply |  

Name - ジャン  

Title - 

僕の中のハット神戸の全貌が明らかになりましたね。でも、あの、高速道路で「HAT神戸」って書いてあったら、やっぱり、HAT TRICKをイメージしてしまいます!

2007.11.19 Mon 13:16
Edit | Reply |  

Add your comment