カレンダーの謎











時間の謎に続きましてはカレンダーの謎です!

現在私たちの使っているカレンダーはどうして2月は28日までしかないのか?
どうして30日と31日の月があるのか?
不思議ではないですか?

(はっきりこれだとは確定されているものではありませんが大体このようではないかという定説から・・・)
もともとのこの暦の始まりは紀元前8世紀のころローマ帝国建国のころに使われていた暦(地球が太陽の周りを一周する期間を元にしています)に由来します
春を1年の始まりとして30と29の日で構成された月が10月まであり、残りは月の名前もありませんでした
その後この冬の間の2か月の名前もJanuarius一月・Februarius二月と付けられ、季節がずれてくると閏月をいれて調節していました。
紀元前45年ころのシーザーの支配する時代になると季節と暦が合わなくなり、暦の改革を行います。ユリウス歴と呼ばれています。
春の3月から2月で終わる一年365日で奇数月を31日・偶数月を30日と定めました、これでは366日になってしましますので、最後の月の2月から1日削り29日に定めました。
7を表すSEPT 8を表わすOCT 9を表すNOVは年の始まりが今の3月から始まっているためです。
その後アウグストス王の誕生月8月を自分の名前 Augustに(7月は既にあった名前をフリオカエサルシーザーの名前からとりJulioとつけ替え July)そして自分の誕生月が30なのは嫌なので2月から1日をもらってきて31日とし、その後の月の9・10・11・12月の30日と31日を逆に入れ替えてしまいました。

暦というものは時の為政者にとって強大な権力を一目で表わすことができる道具!といえないこともないと思います

私は世界で統一された民主的な暦が生まれる時代が来ることを願います

1R-001

カレンダーから生まれた疑問や興味はまだまだつづきます・・・

Comment

Add your comment