三木のライブラリー

モノができる仕組み事典

ハットトリックの三木営業所のライブラリーに新しい仲間が増えました

成美堂出版のわかる本シリーズから~モノができる仕組み事典!!
前々から僕はこの本が欲しかったんですよ~(わかるシリーズは他にも面白いのがあるんですよ・・・次はシリーズで揃えていきたいですねぇ)
内容的には小学校高学年くらいの基本的な内容なんですが、日用品から大型の機械まで身近にある製品(50種類)を取り上げて、モノが製造されていく過程を行程順のカラー写真を使ってやさしく説明してくれる画期的な本なんですヨ。
この本は小学校高学年レベル!と書きましたが実際にはその分野の方でしか知らないことや専門用語なども解説してくれていて、僕などは実際に知らないことばかりが書かれていてとても面白いです。

僕らの雑貨業界にも関係するようなモノも多数紹介されていますヨ(時計・カメラ・洋服・タオル・鉛筆・乾電池・ガラス魔法瓶・電球や板ガラスなどなど・・)
例えば本をつくるのページでは、印刷に関しての方法などが詳しく書かれてあったり、ペットボトルをつくるではペットボトルの原材料のことから書かれていて、ボトルの形成方法などは図解で説明してあって大変興味深いんです。

1R-001

TVなどでも製造現場の一部の動画からこれは何を作っているのか?なんていうクイズもありますよね・・・さてこの本からの出題です~”野球の野手用のグローブは革から作られていますが、グローブを作るのにその革のパーツの最低限必要な革のパーツ数はいくつでしょうか?”

Comment

Name - 1R-001  

Title - 

ジョニーさんお久しぶりです(^^)v
是非ともageha(ギャル雑誌)と交換トレードしましょう。
この本とっても面白いですよ、ジョニーさんならきっとこの本の見方も違った視点で楽しめると思いますよ。

2008.06.03 Tue 22:52
Edit | Reply |  

Name - jonny  

Title - 

全然わからないですが、10ぐらいですか?
なんか面白そうな本ですね。今度こちらにも送ってもらいたいです。お返しにageha(ギャル雑誌)送りますよ。

2008.06.03 Tue 19:19
Edit | Reply |  

Add your comment